転職 理由

退職の理由って何ですか?

転職,理由

 

リクナビやマイナビなどで転職先をさがしていますか?

 

そんなときに、応募するためにサイトに登録。

 

ハンティングメールがきて、面接ってなったときに・・・・

 

一番困ることって退職理由を何と答えるか?ですよね。

 

転職,理由

 

本音で話しすると、

 

・会社のやり方に合わなかった
・仕事自体が合わなかった
・同僚(上司)に恵まれなかった
・仕事で失敗して、1から始めたかった
・やりたいことじゃなかった
・毎日同じことの繰り返しが嫌になった
・給料が安い
・ボーナスがでない

 

こんなことが多いのではないでしょうか?

 

あなたの退職された(退職したくなる)理由は一体なにでしょうか?

行動心理学に従って考えてみよう

転職,理由

 

こころってとっても素直なものなんです。

 

言葉って言霊っていうことあると思いますが、

 

言葉という形ででてくるものは、今思っていることやこの先そうなるための

 

布石だったりします。

 

転職,理由

 

行動心理って、大きく5つに分かれます。

 

・生存欲求  ・・・ いきていくためのベースの欲求(衣食住ど) 
・安全欲求  ・・・ 危険を避けて、安全な生活を送りたいと思うこと(同じことを繰り返したい思うこと)
・社会的欲求 ・・・ 社会的になじみたい気持ち(会社に所属して協調性を活かしたい)
・承認欲求  ・・・ 自分を認めてもらいたい(周りから認められたい)
・実現欲求  ・・・ ステップアップし、もっと自分のオリジナリティを実現させたい

 

こんなことあまり考えることってないですよね。

 

だからこそ、かいてみました。

 

というのも、退職理由を行動心理がどの状態かをリンクさせると、面接にも強くなります。

 

本当の自分を認めることから始まる面接

行動心理学的に、自分の状態を確認しましょう。

 

もし、給料が安いから転職したいって思っているのであれば、

 

それはあなたが安全欲求を求めているからです。

 

必要なのは、繰り返し平穏な仕事とサラリー(給料)があれば安心するのです。

 

欲求不満が起きると不満部分を解消することが必要です。

 

安心する内容(ターゲット)が決まったら、さっそくその不満解消をするための

 

転職先を探しましょう!!

 

転職先はあくまでも自分自身がこんな人物なんだ!と認めてあげて

 

それに従った転職先をさがしてみましょう。

 

転職,理由

面接そして退職理由、転職希望理由

面接で一番大切なこと。

 

転職,理由

 

それは、過去の自分と将来の自分です。

 

過去の自分っていうのは、退職した会社での実績と退職理由です。

 

人事採用者の一番の悩みは、採用後の早期退職です。

 

やはり採用した以上、長く働いてもらいたい。

 

そして、利益を打ち出せる人材に育てたい。

 

なぜならば、人を雇うにも、経費がかかっています。

 

転職,理由

 

・採用広告(リクナビ、マイナビ、ハロワ・・・etc) ※訪問ややり取りでの時間がかかっている
・履歴書確認
・採用基準の考察
・面接
・2次面接
・採用時の手続き(労働条件通知書、保証人確認、社保関連手続き)
・入社研修

 

・・・ と時間とお金はすごくかかります。

 

会社によりますが、やはり1人あたり150万〜300万くらいかかっているそうです。

 

話はそれましたが、過去の自分と将来の自分。

 

過去の実績は聞きたいですよね?

 

お付き合いする方の過去の遍歴とか恋愛と同じで気になります。

 

また、別れた理由も気になりますよね。

 

それと同じで聞かれることは、より信憑性があるか、人事担当者はヒアリング能力にたけています。

 

だからこそ、退職理由は、うそはNG。

 

ただ、心象を悪く与えてはいけないのです。

 

どうすればいいのか?

 

どうしますか?

 

転職,理由

日本語のうまい使い方

日本語っていうのはとても難しいです。

 

表と裏や、陰と陽。

 

かならず、良いことの逆には悪いことがあります。

 

そこをうまくつきましょう。

 

転職,理由

 

例えば、退職理由が周囲となじめなかったとしましょう。

 

その場合は、なじめないの逆を考えてみるのです。

 

なじめない⇔なじめる

 

なじめる⇒自分にあっている⇒ベストの状態が保てる

 

ベストな状態が保てる⇔ベストな状態が保てない

 

ということは、

 

なじめない⇒ベストな状態が保てなかった

 

という言葉になります。

 

え?なぜベストな状態が保てなかったの?といわれますよね。

 

それは補助的に言葉をつきたしましょう。

 

うそはだめです。

 

本音で、なぜ自分のベストがだせないのか?

 

自分のスキルが足りないなら、それをキチンと追加します。

 

それを踏まえると、こんな感じです。

 

「自分のスキル不足でベストな状態が保てなかった。
だからこそ、社会人になって、自分の力がもっと出せる職場を探したら
御社が一番ぴったりだった。」

 

これを聞いた採用者にもよりますが、

 

与えたい印象は、前向きであることです。

 

退職理由と入社希望理由は、同じニュアンスがあります。

 

ぜひ、前向きな気持ちと言葉選びで面接官の気持ちをわしづかみしましょう!

 

転職,理由

転職の為の仕事探しはタイミングが重要

転職を考えるきっかけは人によって違いますが、現在の職場に深刻な問題を感じている時や、違うところで働きたいと思うことは珍しくありません。

 

もしも、できるだけ早く転職をしたいと思ったとしても、すぐに行動に移せばいいかというと、そんなことはありません。

 

できるだけ早く転職を希望していたとしても、転職先を見つけることができずに膠着状態に陥ることもあります。

 

納得のいく転職ができるかは、時期を伺いながら行うことが大事です。

 

モチベーションが高まっている時に転職ができるかも、転職を成功させる要素の一つです。

 

十分な気構えを持って転職したいと思えているかが、転職活動を行う上では、予想外に影響を与えますので、考えてみるといいでしょう。

 

別の会社に行きたいという気持ちを明確に抱いている時のほうが、転職活動には向いているものです。

 

気持ちとは、張り詰めたり、緩めたり、高まったり、低くなったりを繰り返しているものです。

 

意欲さえ高ければ、ある程度は難しいシチュエーションに対しても、突破する糸口を見つけ出すことができるようになります。

 

やる気が高い時もあれば、できれば指一つ動かしたくないという精神状態に陥っていることもあるでしょう。

 

意欲が高い時に転職活動に取り組むことで、やる気が下がっている時と比べて、いい結果が出やすいものです。

 

今までと同じ仕事を続けるか、新たな職場で心機一転したいか、決心ができないうちに転職ができなくなるということもあります。

 

 

 

転職の面接時に問われる仕事を変わる理由について

多くの場合、転職活動を成功させるためには、どうして転職をするかが言えなければなりません。

 

どのような理由で転職をすることに決めたのか、採用面接の時に問題なく答えられるようにしておく必要があります。

 

転職をすることに決めた理由が、新しい転職先を決めた理由ににもなりますので、はっきりと答えられるようにしておきましょう。

 

転職の動機には、これが答えというものはありません。

 

一人一人の考え方や、事情によっても異なります。

 

待遇が悪かったから、人間関係でトラブルが起きたから、仕事がつまらなかったからなど、理由は多種多様です。

 

転職の動機については、面接の場で話すと自分の評価を下げてしまうこともあるので要注意です。

 

スムーズに転職をするために、何を言うと面接官の評価が下がりやすいのかは、知っておきましょう。

 

他人との関わりでトラブルが起きたという話をすると、転職は失敗しがちです。

 

今の職場で人間関係の問題が発生していると聞くと、新しい職場でもまた人間関係の問題を発生させる可能性があると判断されやすくなります。

 

給料が安かったから、待遇がよくなかったからという理由で転職をしているという話も、よりよい転職先に移動しやすいと判断され、マイナス評価になります。

 

ウソを言うことはできませんが、マイナスの内容ばかりを挙げていると、面接担当者の印象が良くないことは、理解しておく必要があります。

 

もしも、人間関係の悩みや、待遇への不満が転職の主な理由だったとしても、面接の場ではキャリアアップのため等の答え方が適しています。

 

 

 

新たな仕事を求めて転職するときには年齢も考慮する

もしも、転職活動を成功させたいと思っているのなら、今、自分は何歳かを考慮に入れる必要があるでしょう。

 

採用する会社側にとって、応募した人の年齢は人物を評価する上でも、大変重要なポイントになります。

 

どんな企業でもどんな職種でも、人を採用する上で年齢を気にしないわけにはいきません。

 

どんな人が採用されやすく、どんな人が採用に不利になるかは、日本国内の求人動向とは別で、大まかには変わりません。

 

成長著しい企業でも、それなりの企業だとしても、新しい人材を採用する時には、十分な吟味をするものです。

 

日本の景気が上向いていた時代は、まとめて採用するような企業も珍しくありませんでしたが、最近は求人数も抑え気味です。

 

近年では、有効求人倍率が上がっていることは事実ですが、かつてのように一度にたくさん採用することもなくなり、人も動きにくくなっています。

 

採用募集の機会が減ってきている企業においては、転職によって新たに入社してくる人材に対して、いやでも注目することになります。

 

大量に採用していた時代とは異なり、転職してきた人材には、仕事を通じて何らかの貢献をもたらすことを強く求めるようになってきています。

 

その人の年齢に見合った実力を持っており、それを発揮してくれることを前提に、配属を決めています。

 

会社が期待した通りの能力がある人ならトラブルにはなりませんが、そうでない場合は、どう対応するかが重要になってきます。

 

転職をする時には、自分自身の年齢や、職歴を含めて、どんな仕事ができるのかを見極めることが重要になります。

 

 

 

就職試験に出る一般常識の傾向について

一般常識試験は、採用試験をしている企業の多くが行っているため、そのための準備が大事です。

 

一般常識試験の内容は会社ごとに異なっていますが、おおよその方向性はよく似ています。

 

一般常識という言葉どおり、極端に難解な問題が出題されることは少なく、教科書レベルの問題が多く出されます。

 

大抵の人は、一般常識試験の対策には問題集を1冊やるくらいで、それすらやらずに本番に挑むという人もいます。

 

とはいえ、問題の形をとっているので、慌てて解くと間違っている可能性も多く、注意か必要になります。

 

一般常識試験を解けるようにしておくためには、書籍店で購入したものを解いてみてください。

 

一回でも間違えたところはよく確認しておいて、似たような間違いが何度も起きてしまわないようにしましょう。

 

仮に、自己採点をしてみて間違えた部分があったら、次は答えられるように記憶を刷新してはきます。

 

数学などの思考力を問う問題では、解答をよく読んで問題の解き方を頭の中に入れておく必要があります。

 

時事問題への対策を行うことで、一般常識試験の底上げが可能です。

 

日頃から、ニュースを見たり、新聞に目を通しておくなどして、日本の経済状況や、社会的な内容なども確認してみてください。

 

社会の大まかな動きや、経済動静を日頃から把握することで、試験の問題も答えやすくなるでしょう。

 

 

 

就職情報サイトを比較するときのポイント

最近は、求人情報を効率的にチェックするためには、ネットの求人サイトが役に立ちます。

 

数多くの情報サイトがあるので、一人一人に合ったサイトを比較して見つけることが先決です。

 

特に希望する業種が決まっている場合には、特定の業界に特化した就職情報サイトが便利です。

 

どんな仕事をしたいか決めている人には、特定業種に特化したサイトがおすすめです。

 

業種を専門家させている求人サイトのほうが、より詳細な求人情報が記載されており、仕事が探しやすくなります。

 

ただ求人情報が羅列されているのではなく、キャリアコンサルタントが仕事探しの手伝いをしてくれるサイトもあります。

 

インターネットの求人サイトは色々なところありますので、サービスの内容も情報の量や質、サポートの有無など多種多様です。

 

サポート体制を比較しながら、自分が利用しやすいサービスを選ぶことで、転職活動を楽に進められるようになります。

 

キャリアコンサルタントが丁寧にサポートするサイトは評価が高く、未経験者でも理想的な就職先を見つけることができます。

 

他社からの指摘や助言を受けることで、それまでは気づかなかった業種に、自分の適職が見つかることもあり、選択肢が広げられます。

 

転職サイトの中にはメールマガジンの配信を行っているところもあり、自分に合う仕事についてヒントが得られることもあります。

 

就職サイトに登録をする時には、就職が決まった後のフォローもしてくれるようなサイトも後々役に立つでしょう。